医療事故調、大綱案見直しも=「来年度に方向性」−足立厚労政務官(時事通信)

 医療事故の調査機関について、足立信也厚生労働政務官は23日の衆院予算委員会で、法案の基になる厚労省大綱案を見直す可能性に言及した。その上で「来年度中にしっかりとした方向性を出したい」と述べた。
 同省は2008年6月、医療機関から事故の届け出を受けて調査を行う新組織「医療安全調査委員会」(仮称)に関する大綱案を発表。委員会に届けた場合、医師法21条に基づく警察への届け出を不要とし、臨床医や病理医ら専門家を中心に調査するとした。
 しかし、警察に届け出るルートも残していることから、一部の医師などが強く反発、法案提出に至らなかった。 

【関連ニュース】
子ども手当に異論相次ぐ=衆院予算委が地方公聴会
「高校無償化」の留保撤回へ=国際人権規約で対応
捕鯨船妨害は遺憾=前原国交相
教育現場の中立性は確保=川端文科相
消費税論議、封印したことない=菅氏

自民党 衆院すべての審議拒否 支援候補当選は追い風?(毎日新聞)
拉致問題担当相、脱北者受け入れを緩和(産経新聞)
参政権掲載は6教科書 センター試験 つくる会が疑問点 (産経新聞)
小沢氏 「国民の支持は得られる」と潔白を強調  (産経新聞)
小沢氏求心力に陰りも=長崎知事選敗北、民主に痛手(時事通信)
[PR]
by ogxeugkuez | 2010-02-25 15:08
<< 調理実習中に小5女児やけど=ガ... 山口県で震度4(時事通信) >>