<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

民主党新執行部 玄葉光一郎政調会長 税制改革を訴え(産経新聞)

 代表選では、いち早く菅直人新首相への支持を打ち出した。枝野幸男幹事長と同様、党内「七奉行」の一人に数えられる。

 昨年9月に衆院財務金融委員長に就任、財政再建重視の立場から消費税増税を含めた抜本的な税制改革を訴える。今年5月、党内若手らと勉強会「国家財政を考える会」を発足させ動きを活発化させていた。

 小沢一郎前幹事長の主導で廃止された政策調査会については「中長期のテーマの議論の蓄積がなくなる」として復活を主張。今回、その責任者となり真価が問われる。松下政経塾出身。26歳で福島県議となり29歳で国政に転じた。岳父は佐藤栄佐久前福島県知事。映画鑑賞が趣味。46歳。

京都・河原町阪急…閉店セール始まる (読売新聞)
17歳少女とみだらな行為 警視庁警部補を逮捕(産経新聞)
<国際テレビ祭>NHKドラマが最優秀賞(毎日新聞)
中山岩太「神戸風景」 旧居留地 洗練されたイメージの源流(産経新聞)
止まらぬ感染拡大、10年前の成功で油断(読売新聞)
[PR]
by ogxeugkuez | 2010-06-15 21:32

電通社員 副業でパブ経営 ホステスらの在留資格偽り逮捕 入管法違反容疑 神奈川県警 (産経新聞)

 在留資格を偽ったフィリピン人を雇って外国人パブを経営していたとして、大手広告会社「電通」の社員が入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで、神奈川県警に逮捕されていたことが28日、捜査関係者と同社への取材で分かった。

 逮捕されたのは、相模原市中央区南橋本の電通社員、鈴木修一容疑者(48)。県警によると、「遊興費などで約4300万円の借金があった」と供述、副業として違法にパブを経営していたことを認めているという。

 県警の調べによると、鈴木容疑者は平成18年8月から今年5月まで、経営する神奈川県愛川町のパブで、不正に入国させたフィリピン人の男女4人=同法違反容疑で逮捕=をホステスや店員として雇った疑いが持たれている。

 鈴木容疑者は愛川町に実体のないホームページ制作会社をつくり、フィリピンの関連会社からウェブデザイナーとして転勤させる名目で日本の在留資格を取得させていた。

 電通広報部は「当社の社員が逮捕されたのは大変遺憾。容疑内容については確認中」と話している。

【関連記事】
現地で結婚式も フィリピン女性と偽装結婚仲介 パブ経営者逮捕
かけるチーズ、パブでブームに
キャバクラ経営者起訴 2億8千万円脱税
キャバ嬢から天引きの所得税を脱税 経営者逮捕
「出会い系喫茶」「偽装ラブホテル」を規制へ 風営法改正 警察庁
iPadが上陸

郵政法案、衆院通過へ=自民、議長不信任案提出の方針(時事通信)
民主議員の事務所に刃物男=40分立てこもり現行犯逮捕―長崎県警(時事通信)
モータースポーツをモチーフにしたクロノグラフ――PUMA TIME(Business Media 誠)
背もたれに両ひじ…余裕の態度をみせるベスーン被告 SS元船長第2回公判ライブ(産経新聞)
鳩山首相、福島氏を罷免(時事通信)
[PR]
by ogxeugkuez | 2010-06-04 15:13